FC2ブログ
半熟シェフの料理研究 
身近な食材・調味料で「本格~」を目指す! お店の美味しい料理を何とか真似る! 「○○にウケる」料理を研究する!等など… ちょいアウトローな『半熟シェフ』が綴る料理の研究日記
プロフィール

半熟シェフ

Author:半熟シェフ
栄養士で調理師で社長で店長で所長
でもって食生活アドバイザー2級
今でも賄い(まかない)料理をよく作ってる
その名の通り『半熟』なシェフ!?
いちおー料理暦は20年以上の三十路



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

ポチッっとな

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



センキュー!来訪者



リンク

C.S.R
おかず研究所 キッチンCSR【楽天店】
超簡単!おうちカフェ~素人でもプロ級の味♪お料理レシピ~
HuntingNight
ゆいの日常

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



ちょっとおみくじ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと更新できたんで早速「レシピ」!

ども222 久々更新ッス。
何だかパソコンの調子がおかしかったのか、記事を書いてる途中でページが戻って消えてしまうという怪現象に見舞われ、3日連続で「あと一歩」のトコで消えてたんでガックシしてました。

でもまぁやっと更新できたんでまいっか

つーワケで、3日前から書いちゃぁ消えていたレシピを載せるさ。
作って食ったのは月曜だけど・・・


筍と菜の花の中華炒め


材料:3~4人分


筍・・・・・・200gくらい ※「水煮」でOK
菜の花・・・・・・1/2束
もやし・・・・・・150g
豚挽き肉・・・・・・80g
長ネギ・・・・・・40g
干し海老・・・・・・10g
ザーサイ・・・・・・30g
醤油・・・・・・大さじ2杯
酒・・・・・・大さじ2杯
砂糖・・・・・・小さじ1杯
サラダ油・・・・・・小さじ2杯
ごま油・・・・・・少々
 




  1. 筍は適当な大きさに切ってから3mm程度のスライスにし、菜の花は3cm幅くらいに切って、それぞれを軽く熱湯にくぐらしておく




  2. ぬるま湯で戻した干し海老・長ネギ・ザーサイをそれぞれ粗みじんにしておく
    ※干し海老の「戻し汁」は捨てないでおくこと!




  3. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、粗みじんにした材料を中火程度で軽く炒める




  4. 軽く香りが出てきたら、豚挽き肉を加えてほぐしながら炒めて、パラパラになってきたら筍・もやしの順に加えて強火で手早く炒める




  5. 醤油・酒・砂糖を合わせたものと干し海老の「戻し汁」を加えて、水分が飛んできたら水気をよく絞った菜の花を加えてサッと炒める




  6. 最後にごま油を垂らして風味をつけたら出来上がり




DSCF0372.jpg
~こんな感じ~


今回、写真の撮り方が寄り過ぎたみたいで分かりづらいかも

「干し海老」と「ザーサイ」の風味がケッコー効いてます、ハイ


スポンサーサイト

発売前の黒い缶の「コカコーラ」
仕事がらみでまだ発売前のコーラをいただきました

某メーカーの『〇EX』の対抗商品だろーけど、個人的にはあっちよりふつーのコーラっぽくて美味しかったかな。

メタボってきたし、カロリー・糖質ゼロならイイかも

今年の夏は《猛暑》らしーので、キンキンに冷やして飲むのもアリだな、コリャ。

DSCF0371.jpg
~これが「新商品」!黒い缶でカッコイイ!~

ちなみに発売は6月4日だそーです、ハイ


1人パーティー

ブログを始めてからケッコー太った230 ヤバイ・・・。
なので今日はちょっとした「ヘルシーメニュー」にします、ハイ。

ちくわを使って『カナッペ』風にアレンジしたものの、何か見た目がパーティー料理みたいになっちまった。俺一人なのに202

カロリーは大体180~190kcal 程度なんで、まぁヘルシーな方かな


ちくわのカナッペ風


材料:3~4人分


ちくわ・・・・・・10本 ※「そのまま食べる用」(生食用)のちくわを選ぶ

【A】
ゆで卵・・・・・・1個
玉葱・・・・・・20g ※みじん切り
マヨネーズ・・・・・・大さじ1杯

【B】
玉葱・・・・・・20g ※みじん切り
ピーマン・・・・・・1/2個
赤(黄)ピーマン・・・・・・1/4個
ピザ用ソース・・・・・・大さじ2杯 ※市販品でOK
ピザ用チーズ・・・・・・20g
  



  1. まずちくわを半分に切って、更に縦半分に切っておく

  2. 【A】の材料を混ぜ合わせる
    ※ゆで卵は細かく刻み、玉葱はみじん切り

  3. 【B】の玉葱はみじん切り、ピーマン類は粗みじんにしておき、ピザソースを塗ったちくわにのせて、チーズをかける

  4. それをオーブン(トースター)で5分くらい焼く

  5. 【A】の具を他のちくわに盛り付ける

  6. それぞれをお皿に盛れば出来上がり


DSCF0370.jpg
~こんな感じ~


ぶっちゃけ、何てことない料理(?)ッス



ランチにオススメ

ウチで採れた「プチトマト」を使ってパスタを作ってみました。
簡単なのでやってみてつかぁさい


プチトマトとナスのパスタ


材料:2人分


スパゲッティ・・・・・・180g ※1.6mmくらいが良い
プチトマト・・・・・・10個 ※あんまり甘くないやつ
ナス・・・・・・2本
モツァレラチーズ・・・・・・150~160g
オリーブオイル・・・・・・大さじ3杯
塩・胡椒・・・・・・少々



  1. スパゲティを茹でる(2ℓのお湯に大さじ1杯強の塩を入れる)

  2. プチトマトは洗ってへたを取り、ナスは一口大に切って、モツァレラチーズは適当にちぎっておく

  3. フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、中火でナスを軽く炒める

  4. ナスに油がなじんだらプチトマトを加え、木べらやフォークなんかでつぶしながら炒める

  5. そこにスパゲッティの茹で汁を1/2カップほど入れ、味見をしながら塩・胡椒で味を整える

  6. 火を止めて、スパゲッティとモツァレラチーズを加えたら、手早く和えて(混ぜ合わせて)出来上がり


DSCF0369.jpg
~こんな感じ~


シンプルだけど、ちょっとオシャレなパスタかも

黒胡椒を効かせてもアリだし、バジルの葉っぱを飾ると見た目も鮮やかで香りも良くなるッス。

モツァレラチーズが無かったら、代用でピザ用のとろけるチーズでもイインジャネ



簡単・お手軽なおつまみシリーズ

ちょっとした「おつまみ」に、こんなんいかがでしょーか198
昔からの得意料理ッス

野郎連中にはウケが良かったので、旦那さんや彼氏に作ってあげてみてください。
モチロン自分用でもOKッス。簡単ッス。安いッス。酒がすすむッス


カリカリ三種のみぞれ和え


材料:2~3人分くらい


油揚げ・・・・・・1枚
ちりめんじゃこ・・・・・・2つまみor大さじ2杯くらい
鶏皮・・・・・・80~100g
醤油・・・・・・大さじ1杯
酒・・・・・・大さじ1杯
砂糖・・・・・・小さじ1杯

大根おろし・・・・・・1/2~1/3本分
ポン酢・・・・・・お好みで ※大体大さじ2杯くらい
みつば・・・・・・適量 ※好きなだけ
    



  1. 油揚げを細切りにして、ちりめんじゃこと一緒にフライパンでから炒りする
    ※中火くらいで焦がさない程度に!

  2. 鶏皮をこま切れに切って、醤油・酒・砂糖を合わせたものを軽く絡める

  3. その鶏皮を竹串かなんかで穴をあけたアルミホイルにのせて、オーブントースターや魚を焼くグリル(ロースター)でこんがりと焼く
    ※穴から脂が落ちて煙が出るかも。余分な水分はあらかじめペーパーとかで取っておこう

  4. 大根をおろして水気をよく切り、ポン酢で味をつけておく

  5. 粗熱を取った油揚げ・ちりめんじゃこ・鶏皮と適当な大きさに切ったみつばをおろしポン酢で軽く和えりゃ出来上がり


DSC02323.jpg
~こんな感じ~


ポイントは三種類の具材をいかに「カリカリ」にするかだけ。
最後に七味唐辛子なんかかけりゃイインジャネ



ちょっとした「コツ」 2

この前の「ちょっとしたコツ」が知人やダチに好評だったんで、調子に乗ってもう一回

字が多くて読みづらいかと思いますが、ご勘弁下さい。



  • 安い肉を美味しいステーキにするコツ

    最近はアメリカ産の牛肉が手に入らなくて、もっぱらスーパーに陳列されているのが「オーストラリア産」。
    国産の牛肉も手ごろな価格になってきてはいるけど、食べる為に育てられた「和牛」とは全くの別物。
    一概には言えなくなってきてるけど、「国産牛」の名目で売られているほとんどが、乳の出が悪くなった「乳牛」の二次利用だそうだ。
    この「国産牛」と「オーストラリア産」の大きな違いはズバリ肉質。
    二次利用とはいえ、「国産牛(乳牛)」の飼料は主に穀物類。
    牧草を食べて育つ草原牛の「オーストラリア産」とはココが決定的に違う(らしい)。
    草原牛の脂身には独特の香りがあり、肉質も繊維質が強くなるそうだ。
    それに比べて穀物で育った牛さんは臭みが少なく、肉質もやわらかくなる。
    日本人は特に「国産」という響きに弱い。そこに「アメリカ産牛肉」の輸入がストップしてしまった為、一時この「国産牛」の値段が一気に跳ね上がってしまった。
    ましてや「国産牛」のサーロインなんて、なかなか手が出せなくなってしまった。今は少し価格が落ち着いたけど
    んじゃ、現時点での庶民の味方、「オーストラリア産」の牛肉で美味しいステーキを焼くいくつかのポイントをご紹介。

    1.まず肉を「叩かない」!
    叩くと細胞膜が壊れ、肉汁が流出しやすくなり、結果固くなってしまう。
    ※キウイや梨、生のパイナップルのすりおろしに30分ほど肉を漬け込んでみよう。
    フルーツに含まれる「パパイン」「プロテアーゼ」などの『酵素』が肉のタンパク質を分解して、やわらかくしてくれる。
    漬け込んだ後はサッと流水で洗い流してもOK。あんまり水に当てると旨味そのものが流れちゃうので注意!

    2.塩・胡椒は焼く直前か、焼きながらふる。
    塩の持つ「脱水作用」で水分と共に旨味も逃げてしまうから。おまけに水分が抜けるということは、肉質が硬くなるという事。
    これは牛肉に限らず、豚肉でも鶏肉でも一緒。

    3.値段・部位が同じなら、「厚み」で選ぼう!

    ってな感じですが、焼き方は人それぞれ好みがあるだろーから省きます。


  • 安いお米や古米を美味しく炊こう

    最近のお米は「精米」の技術が進歩しているので、大抵美味しいけど、ちょっとしたコツで美味しくなるんで試してつかぁさい。

    1.研ぐ時は冷たい水で。
    お米は水に浸けた瞬間から「吸水」を始めるんで、温度が高いほど吸水率がアップし、「ぬか」ごと吸って美味しさ半減。

    2.「浸水時間」の使い分け。
    よく「研いだ後は最低20分以上は水に浸けておく」とか聞くけど、それは土鍋やフツーの炊飯器で炊く場合であって、最近の「IH炊飯器」なんかで炊くときは特に必要ない。
    最近の炊飯器の機能をフルに使えば、簡単に美味しく炊けるのだ。

    3.浸水時間よりも蒸らし時間の方が重要!
    炊き上がったらすぐにフタを開けたくなるけど、ここはガマン!
    蒸気は逃がしちゃアカン!
    炊飯器の「蒸らし時間」よりも更に5分くらいはそのままにしておくだけでかなり味が違います、ハイ。

    4.裏技!ほんのちょっとだけ「蜂蜜」を加える。
    お米(うるち米)には「アミロペクチン」と「アミロース」というデンプン質が含まれてるんですが、このデンプン質は唾液に含まれる「アミラーゼ」と混ざり合うと『甘み』に変わります。
    単純に、よく噛めば甘みを感じるという仕組み。
    だけど「古米」は乾燥しているおかげで「アミロペクチン」が減少してるんで、甘みが感じにくくなってしまってます、ハイ。
    んじゃ、なぜ「砂糖」ではなく「蜂蜜」なのか?
    別に蜂蜜の甘さで補おうってわけじゃなくて、蜂蜜の化学式が「アミラーゼ」の化学式と非常に似ており、蜂蜜を加えることで、炊く段階で結合させて甘みを引き出そう!っつーことなのだ。
    俺も難しいことはよく分かんないんだけど、古米でもツヤが出て美味しかったのは事実ッス。
    肝心の分量だけど、炊く直前の2合に対して小さじ1杯くらい。
    特に蜂蜜の香りは感じません。
    ただ、この裏技の欠点は、釜底のご飯がほんのちょっとだけ茶色くなること。
    でもまぁ、おこげだと思って食べて下さい。まずくはないんで・・・。



長々と(ダラダラと)なってしまいましたが、まぁ気が向いたらやってみてつかぁさい。

疲れたんで今日はこの辺で・・・



手作りドレッシング

最近、お腹の辺りがメタボってきたので、野菜を食べるのだ

でも「サラダ」の場合、フツーに食べ続けると飽きちゃうから、何種類かのドレッシングを用意して、その都度かけて食べてみよう

せっかくなんで、「ドレッシング」の作り方を箇条書き。
今日はとりあえず3種類

基本的には3~4人分くらいの分量ッス。


オニオンドレッシング


【材料】
塩・・・・・・小さじ1/3杯
胡椒・・・・・・少々
マスタード・・・・・・小さじ1杯
酢・・・・・・大さじ2杯 ※白ワインビネガーでも可
サラダ油・・・・・・大さじ6杯
おろし玉葱・・・・・・大さじ2杯
パセリのみじん切り・・・・・・適量


以上の材料をボウルに入れて、激しく混ぜ合わす。白っぽくなったらOKです、ハイ。





チーズドレッシング


【材料】
塩・・・・・・小さじ1/3杯
胡椒・・・・・・少々
白ワインビネガー・・・・・・大さじ2杯 ※酢でも可
サラダ油・・・・・・大さじ5杯
クリームチーズ・・・・・・大さじ4杯(くらい)

クリームチーズに少しずつビネガー(酢)を加えて練るように混ぜてやわらかくする。そこに塩・胡椒・サラダ油を加え、ゆっくりとよーく混ぜてつかぁさい。



 


ヨーグルトドレッシング


【材料】
塩・・・・・・小さじ1/2杯
胡椒・・・・・・少々
砂糖・・・・・・小さじ1杯
サラダ油・・・・・・大さじ2杯
レモン果汁・・・・・・小さじ2杯
プレーンヨーグルト・・・・・・1/2カップ

ヨーグルト以外を激しく混ぜ合わせて、白っぽくなってきたらヨーグルトを少しずつゆっくり混ぜりゃぁOK!


 


 


ってな感じで、何てこたぁないレシピですが試してみてくんなまし

気が向いたら「洋風」以外のドレッシングを書くッス。



久々の「お子ちゃまメニュー」

たまーに「ナポリタン」って食べたくなんない?

大人になるとなかなか食べる機会がなくて、いざ食べようと思っても、今やどこにでもあるメニューではないし

コンビニなんかに行きゃ大抵あるんだけど、自分で作るとなるとコレがまた意外と手間。

何が手間って、「パスタを茹でる」っつーのが俺的にはケッコー面倒。

この間、外で「オムライス」を食べた時に、中の「チキンライス」を見て思った。
『鶏肉をソーセージにしてピーマンも入れて・・・』

ってなコトで、ナポリタン風の焼飯のレシピです、ハイ。


ライス・ナポリタン


材料:2人分くらい


ウィンナーソーセージ・・・・・・5~6本
玉葱・・・・・・1/2個 ※中玉くらいの大きさ
ピーマン・・・・・・2個
ケチャップ・・・・・・大さじ5杯
ウスターソース・・・・・・大さじ1杯
オイスターソース・・・・・・小さじ1杯 ※隠し味なのでなくてもOK
カレー粉・・・・・・ほんの少々 ※隠し味なのでなくてもOK

ご飯・・・・・・大盛2杯分(400gほど)
サラダ油・・・・・・適宜



  1. ウィンナーソーセージは斜め切り、玉葱はスライス、ピーマンは種を抜いて縦半分に切って1cm幅に切っておく

  2. 小さな器かなんかにケチャップとウスターソースを合わせておく
    ※あればオイスターソースとカレー粉も

  3. フライパンにサラダ油を入れて熱し、中火くらいでウィンナーソーセージを炒め、焼色が付いてきたら玉葱を加えて玉葱がしんなりするまで炒める

  4. そこにご飯を入れてほぐすように炒めたら、ピーマンとさっき合わせておいた調味料を加え全体が馴染むまで炒める

  5. お皿に盛って出来上がり


DSC02322.jpg
~こんな感じ~


早い話がパスタをご飯にしただけッス。すいませんッスm(_  _)m

ポイントとしては、「ご飯」が冷やご飯だったら軽くレンジでチンしてつかぁさい。
コレは『チキンライス』を作る時にも言えるのだ
冷やご飯でやると、ケチャップとかソースが馴染む前に焦げやすいからなのだ

コレを卵で包んで『オムライス』にしちゃってもイインジャネ?



ちょっとした「コツ」

「料理」において、基本をマスターすれば大抵のモンは作れるようになる。

そこで料理をする際に、ほんのちょっとの「コツ」を知ってるか知らないかで美味しさも変わるし、何より楽しさが違う


簡単にではあるけど、その「コツ」をちょっと書いてみたんで、気が向いたら読んでやってつかぁさい



  • 日本が誇る調味料、『醤油』の扱い方

    あまり知られてないけど、醤油は実は劣化しやすい。
    大体が「保存方法」が適切ではないのが原因。
    酸化して風味がとび、色も濃くなる。

    ※正しい保存方法※
    何はともあれ、「冷蔵庫」で保管しましょう。醤油は湿度と温度に敏感なので、できるだけ早く使い切るようにする。と言っても、なかなかすぐに使いきれるものではないので、小さなペットボトルなんかに小分けして冷蔵庫に保存しておくと劣化しにくい。手間だけど。


  • 肉や魚の「解凍方法」

    最近の電子レンジには解凍機能が付いているが、素材の持ち味を考えると(時間があれば)冷蔵庫での解凍がベスト。
    電子レンジの解凍機能を使うと、「電磁波(マイクロ波)」の性質上、素材の厚い部分と薄い部分で解凍の進み具合にバラつきが出てしまう。
    解凍する時のポイントは、冷蔵庫の中でも冷風口のそばで解凍するのが良い。
    けど、冷蔵庫の中でもさすがに10時間以上おくと、ドリップ現象が起きやすくなるので注意。


  • 野菜炒めを美味しく作るコツ

    中華料理屋で食べる「野菜炒め」はなぜシャキシャキで美味しいのか?
    一番の要因はやはり「火力」。とは言っても、家庭でそんな大火力は持ち合わせていない。
    逆に言えば、火力の弱い家庭で作る野菜炒めはなぜ水分が出て、ベチャっとなりやすいのか?
    それは火力に合った炒め方をしていないから。
    まず材料の野菜。
    火力が弱いのであれば、均一に火が入るように大きさを切り揃えておくのがポイント。
    ※人によってはわざと不揃いに切って、歯応えを強制的に出すというのもあるが、そこはお好みで。
    一番重要な「炒め方」は、フライパンに野菜を入れてからあまり混ぜすぎないこと。ただコレだけ。
    イメージとしては、フライパンに当たっている部分の野菜を「焼き付ける」感じで。
    焦げ付かない程度に熱したら、鍋底から大きく返してまた暫く待つ。これを2~3回繰り返したら、調味料を加えて手早く混ぜ合わせて火を止める。
    調味料もあらかじめ合わせておくのもいいが、炒め方をマスターすれば、塩・胡椒だけでも十分に美味しい。
    肉野菜炒めの場合は、先に肉だけを八分ほど炒めて、一旦取り出してしまおう。味をつける前に戻せば問題ナッシング。
    肉も固くなりすぎず、コクも出るから安心。
    今日、某番組で炒める前に「野菜をあらかじめ塩もみして、水分を抜いておく」という技が紹介されたが、コレも家庭でできるプロの技。
    ただキャベツの場合、特有成分であるビタミンUとかが流出しちゃう。
    ちょっと手間だけど、素材ごとに火を入れて調味の前に合わせて炒める方法もあるので色々試してつかぁさい。


  • チャーハンの味の決め手

    まず、多めの油に溶き卵流して半熟程度に固めたらご飯を入れて炒める。この段階でパラパラにしてしまおう。
    具材を入れて、味を付けたら「葱のみじん切り」最後に加えて混ぜ合わしたら火を止める
    コレだけでいわゆるチャーハンっぽい香りになる。
    本来は葱を2回に分けて入れるのがベストなんだけど、最後だけでも大丈夫ッス。


まぁ色々と書きましたが、俺も教わって身につけたものとかなのでエラソーには言えんけども、実際にやってみた結果なので物は試しにチャレンジしてみてつかぁさい



あるお店のマネ

ちょっと前になるけど、銀座の数奇屋通りにあるお店のおつまみっつーか、「一品料理」がとっても旨かった。

そん時の記憶を頼りに作ってみた一品。
オススメなので是非試してつかぁさい


ゴボウの唐揚げ


材料:2人分くらい


ゴボウ・・・・・・200g

だし汁・・・・・・1カップ
醤油・・・・・・大さじ1杯
みりん・・・・・・大さじ1杯
酒・・・・・・大さじ1杯
赤唐辛子・・・・・・1本 ※一味唐辛子でもOK!この場合は少々
片栗粉・・・・・・適宜
揚げ油・・・・・・適宜



  1. まず、ゴボウの皮を固いたわしなんかでこそぎ落として拍子木切りにし、水にさらしておく

  2. 鍋にだし汁・醤油・みりん・酒・赤唐辛子を入れて火にかけたら、さらしておいたゴボウをいれて10~15分ほど煮る
    ※この時、「チョイ固め」で火を止める
    ※火から外したら、そのままじっくりと冷ます
    ⇒徐々に冷めていくときに味が染み込んでいくから

  3. 十分に冷めたら、汁気をよく切って、片栗粉をまんべんなくまぶして180℃の高温の油で2~3分くらい揚げる
    ※色が「きつね色」になりゃそれでOK!

  4. よく油を切って、器に盛り付けてレモンなんかを飾りゃあ出来上がり


DSC02319.jpg
~こんな感じ~


要は、薄味のだしで炊き上げて、それを揚げるだけの料理なんだけど、ゴボウの風味と食感、何より香りを楽しめるんでオススメの一品です。

ちなみにゴボウには、人の消化酵素では分解できない「セルロース」(セルライトじゃないよ)という繊維質と、炭水化物の一種である「イヌリン」って成分が繊維状のまま腸まで届くんで、お通じが良くなる上に「腸の蠕動運動」により基礎代謝もほんのちょっとアップします。

塩で召し上がりたい方は、ゴボウを煮るとき「だし汁」だけで煮て、食べる時に塩をかけて食べりゃイインジャネ?



もう一皿の「デザート感覚サラダ」

昨日紹介した「スパゲッティ ミーソソース」の相性のいい、簡単・お手軽なサラダっす

ちゃちゃっと作って、「料理上手」をアピールしよう
5・6分で作れちゃうッス。


きゅうりとバナナのヨーグルトサラダ


材料:2人分くらい


きゅうり・・・・・・1本 ※100gくらい
バナナ・・・・・・1本 ※150gくらいで、あまり「完熟」でないもの
プレーンヨーグルト・・・・・・1/3カップ
レモン果汁・・・・・・大さじ1杯
塩・・・・・・小さじ1杯強
胡椒・・・・・・少々



  1. きゅうりを皮剥きで「しま模様」のように剥いたら、縦に4つ割りにして適当な長さに切る

  2. そのきゅうりに塩少々をふって、軽く揉んだら5分ほど馴染ませ、余分な水分を切る

  3. バナナはテキトーな大きさにちぎって、レモン果汁を振りかけて「変色」を防ぐ

  4. ボウルにきゅうり、バナナ、ヨーグルト、塩・胡椒を入れてざっくりと混ぜれば出来上がり


DSC02318.jpg
~こんな感じ~


っつーか、「サラダ」と言うより「デザート」に近いかな198
塩気はあまりない方が、かえって美味しいかも まぁ塩加減はお好みで調節してつかぁさい。


きゅうりの代わりに、塩茹でしたブロッコリーやカリフラワーでもイインジャネ?



和風のミートソース

最近「味噌」にハマってます。
味噌クリームソースのドリア、生姜味噌粥、味噌大福・・・

まぁ色々作ってみたけど、最近の一番のヒットは「味噌角煮」かなー
我ながら味噌のコクと豚肉の肉汁がたまらない一品となりました、ハイ。
20070510201124.jpg
~こんな感じ~ ※ウチの店で売ってます


まぁそれはいいとして、色んな味噌料理を考案したんで、その中から一品紹介するッス


スパゲッティ ミーソソース


材料:2人分くらい


パスタ・・・・・・・180g ※1.6mmくらいがイイかと
豚挽き肉・・・・・・200g ※脂身の少ない「赤身」の部分で
長ネギ・・・・・・1/2本程度
生姜・・・・・・15g
しめじ・・・・・・1/2パック ※生椎茸でもOK(2~3個)
オリーブオイル・・・・・・大さじ1/2杯
白味噌・・・・・・大さじ3杯
酒・・・・・・大さじ3杯
塩、胡椒・・・・・・少々

貝割菜・・・・・・適量(好きなだけ)



  1. パスタを茹でておく

  2. 長ネギとしょうがをみじん切りにし、フライパンにオリーブオイルを入れ、中火くらいで焦がさないように炒める

  3. 香りが立ってきたら豚挽き肉を入れ、軽く塩・胡椒をしてポロポロになるまでよく炒める

  4. 粗みじんにしたしめじを加えてサッと炒めたら、味噌、酒を加え
    3~4分程火にかけてよく馴染ませる
    ※強火にしちゃダメ!

  5. 器にパスタとソースを盛って、貝割菜を飾れば出来上がり


DSC02317.jpg
~こんな感じ~


意外とこってりしていてパスタと合います

「こってりはちょっと・・・202」という方は、『豚挽き肉』を『鶏挽き肉』に、『白味噌』を『西京味噌』にそれぞれ変えてやってみてつかぁさい。
この場合、茗荷や柚子皮なんか合いそうやね189

そん時ゃ、味見をしながら塩分を調節してつかぁさい。


粉チーズをかけても意外とイケます、ハイ



イチゴのスイーツ

イチゴの安いこの時期に、作ってみてはいかがでしょーか
まぁちょっと「手間」だけど、無添加デザートはやっぱ美味しいし安心。


いちごのババロア


材料:15cmのクグロフ型1個分


いちご・・・・・・1パック
牛乳・・・・・・1カップ
生クリーム・・・・・・1カップ
グラニュー糖・・・・・・50g
卵黄・・・・・・2個分
ゼラチン・・・・・・15g
キール酒・・・・・・大さじ1/2杯 ※お好みで



  1. ゼラチンはぬるま湯でふやかしておき、牛乳は沸騰寸前まで温めておく

  2. いちご1パックを飾り用2~3個残してミキサーにかけるか裏ごしをしておく

  3. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで泡立てたら、温めておいた牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜる

  4. それを鍋に移して、弱火でとろみがつくまで混ぜながら煮る

  5. とろみがついたら火から外し、ふやかしておいたゼラチンの水分をよく切って、溶かし混ぜる

  6. ゼラチンが溶けた頃合いをみて、それを裏ごしして粗熱を取って、ミキサーにかけたいちごとキール酒を加え、トロッとなるまで氷水で冷やしながらよく混ぜる

  7. 7分立て程度に立てた生クリームを加えたら良く混ぜて、型に流して冷蔵庫で5~6時間くらい冷やし固める

  8. 冷えて固まったら、型から外して飾り付けたら出来上がり


DSC02315.jpg
~こんな感じ~


同じ要領でフルーツを代えれば、何だってババロアになっちゃいます、ハイ



スープご飯シリーズ 1

昨日今日と暑かった
明日も暑いらしい。まだ5月だよな198って思うくらいの気候。

そんな時にコレはどーだろう。
酸味と辛味を効かせた中華の定番スープにご飯を加えて「雑炊」風に!


酸辣湯風雑炊


材料:2人分くらい


豚肉・・・・・・100g ※バラ肉スライスがいいかと
長ネギ・・・・・・1/2本
おろし生姜・・・・・・小さじ1杯
鶏がらスープの素・・・・・・大さじ1杯 ※お好み量で
冷やご飯・・・・・・茶碗2杯分 ※約300g
酢・・・・・・大さじ3~4杯
ごま油・・・・・・小さじ2杯
醤油・・・・・・小さじ2杯
塩・胡椒・・・・・・少々
一味唐辛子・・・・・・お好みで
水・・・・・・2カップ

市販の温泉卵・・・・・・2個
  




  1. 豚肉を1cm幅に切り、葱は笹打ち(斜め薄切り)にする。



  2. 鍋にごま油を入れおろし生姜を中火くらいで熱し、先ほどの豚肉、葱を加えて炒める。



  3. 葱がしんなりとしたら水、鶏がらスープの素を入れて一煮立ちさせる。煮立ったら酢、醤油、塩・胡椒を加えてさっと混ぜる。



  4. 冷やご飯を加えて、やさしくほぐしながら、もう一煮立ちさせたら火を止める。



  5. 器に盛って、温泉卵をのせて一味唐辛子を少々ふったら出来上がり



DSC02314.jpg
~こんな感じ~


お好みでだけど、「一味唐辛子」は冷やご飯を入れる前に、スープに入れて煮ちゃってもいいし、何なら代わりに「ラー油」でもOK


温泉卵を突き崩しながら食うべし!



房総ドライブ

先日、あまりにも天気がいいんで、房総の勝浦・鴨川方面へドライブ33
ま~海の香りが心地イイ197
P1040037.jpgP1040040.jpgP1040039.jpg

んでもって、車に積んであった釣竿にて軽く「海釣り」を嗜むものの、小一時間くらいじゃ当然坊主
P1040038.jpg

それにして道路が混んでた混んでたっ!
何でも、先日のTV〇京で放映された「〇ドマチック〇国」で千葉の市原辺りを特集したそうな。

TVの影響はスゴイです、ハイ。

そんなに混まない裏道まで車の大行列!
絶対「ナビ」のしわざに違いない。ニャロウ・・・

何はともあれ、この時期の房総は色々と楽しいっスよ179
房総半島近海で獲れる、この時期ならではの「地魚」を食すのもアリです、ハイ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。